PR

保護猫の譲渡条件は厳しい?ゆるい?里親の条件は年収/一人暮らしの確認がある団体も

保護猫の譲渡条件は厳しい?ゆるい?里親の条件は年収/一人暮らしの確認がある団体も 保護猫・地域猫
記事内に広告が含まれています。
ノアル
ノアル

譲渡会で気に入った保護猫がいたら、トライアルに挑戦してみたくなりますよね。

しかし、正式に”うちのこ”になるための譲渡条件が厳しいと聞いて不安になっていませんか?

本記事の内容
  • 保護猫の譲渡条件は厳しいの?
  • 里親の条件はどんな内容か
  • 里親条件が厳しいけど、メリットもある
  • 里親になるために必要なこと

保護猫の譲渡条件が厳しいのか、ゆるいのかについては正直、個人個人の感じ方によって違うと思っています。

結論からお伝えすると、一般的な物品譲渡と比べて里親の個人情報を報告するなど、保護猫の譲渡条件は厳しいです。

里親希望者の個人情報まで確認するのはなぜか。

理由は、譲渡会主催者側が、”保護猫の終生が幸せにくらす”ことを願い、その願いを叶えてくれる里親か見極めるため

この記事では、猫の専門資格をもつわたしが、保護猫の厳しい譲渡条件の内容について解説します。

スポンサーリンク

保護猫の譲渡条件は厳しいの?

保護猫の譲渡条件は厳しいの?

保護猫の譲渡条件は厳しいです。

厳しい理由は、「猫が終生、幸せに暮らせるように」するため。

まず、保護猫が存在する理由を考えてみましょう…。

ほとんどの保護猫は、飼い主さんと一緒に暮らしていたのに、突然捨てられた元飼い猫なのです

辛く悲しい思いは二度とさせない‼

このような思いから、”里親となる人はしっかり終生育てられる人なのか”見極めるのです。

保護猫の譲渡条件は、

  • 一般的な保護団体
  • 保健所
  • 動物愛護センター

などによって異なります。

「え?そんなことまで?」と思えるような内容を条件に入れるところもありましたが、理由を知って納得。

里親詐欺による虐待や遺棄を防ぐため…悲しい理由からでした。

    

スポンサーリンク

保護猫の里親条件:一般的な項目6つ

保護猫の里親条件:一般的な項目

保護猫の里親条件は、保護団体・保健所・動物愛護センターなど団体によって多少異なります。

この記事では、保護猫の里親条件で一般的な項目6つについて触れていきます。

  • 里親としての責任を全うできるか
  • 里親の年収額を確認する
  • 主催者側が住居環境を確認訪問
  • 譲渡後の定期的な近況報告
  • 一人暮らし(住居形態)で不可の場合も
  • 年齢制限で不可な場合も

6つの項目について、カンタンに解説します。

   

里親としての責任を全うできるか

保護猫の里親条件として、猫の終生お世話する覚悟について、確認します。

里親の責任として、

  • 完全室内飼いを徹底する
  • 適正時期に去勢避妊手術する
  • 猫の最期まで責任をもってお世話する

猫の命を粗末に扱わず、愛情を持って終生飼育する覚悟のある人”が、一番大事な譲渡条件です。

   

里親の年収額を確認する

え?なんで??と思われる人いるかもしれませんが、里親の経済力を確認します。

  • 猫を飼う経済力があるか
  • 安定した収入があるか

なぜ収入額まで報告義務があるのかについては明確な理由があります。

お迎えした猫が終生、

  • 必要な生活用品の中でしっかりご飯を食べられる
  • 体調不良になったら病院へ連れて行ってもらえる

主催者側として、猫に幸せな一生を送らせてあげられる里親に迎え入れてほしいと願っていいます。

団体の中には、源泉徴収票や通帳のコピーの提出を譲渡条件に入れたところもあるようです。

ノアル
ノアル

源泉徴収票や通帳のコピー提出は、さすがに知ったときビックリしました。

    

主催者側が住居環境を確認訪問

譲渡会などで気に入った子をすぐにトライアルで連れ帰ることはできません

主催者側が後日、里親候補の住居を訪問し、生活環境などを確認します。

  • ペット飼育が可能な住居に住んでいるか
  • 猫に必要な生活用品が準備されているか
  • 脱走防止策はできているか
  • 猫にとって危険なモノ・場所はないか

猫がストレスなく幸せに暮らせる環境かどうかも、大事な確認ポイントになっているようです。

また、確認訪問はトライアル契約書に記入した内容(名前・住所等)や身分証明書に虚偽がないか、確認する意味もあります。

   

譲渡後の定期的な近況報告

譲渡会の主催者側も、正式にお迎えした里親さんに”譲渡後の定期的な近況報告”をお願いすることが多いようです。

主催者側は、正式譲渡が決まって終わりではなく、譲渡後も猫が幸せに暮らしているか確認します

団体の中には、「毎日写真をメールで報告する」条件を設けるところも。

里親の新しいおうちで幸せにくらす猫を確認し、やっと安心するのです。

保護猫の譲渡会活動は、ボランティアさんの協力も大きいため、保護猫が1匹でも多く幸せになったことを教えてあげると原動力となります。

「うちの子、こんなに警戒心なくなりました~」など、うれしい報告をしてあげましょう。

   

一人暮らし(住居形態)で不可の場合も

どんなに保護猫を迎え入れたい里親候補でも、住居形態や年齢で断られる場合があります。

  • 一人暮らし
  • 結婚していない同棲カップル

基準は、”お迎えした猫を終生お世話できるかどうか”がポイント。

順番に解説しますね。

一人暮らし

一人暮らしで断られる理由は、里親自身になにかあったとき、他に猫のお世話対応できる人がいないからです。

近くに家族や親族が住んでいればOKな場合もありますが…。

また、猫が唯一頼れる里親さんが仕事など外出時間が長くなると、さみしい思いをさせてしまうかもしれません。

結婚していない同棲カップル

若い同棲カップルが譲渡会へきて里親候補に名乗り出た…しかし、断わる団体があるようです。

理由は、カップルが別れたとき、猫の飼育責任のことでもめる件数が多いから。

猫に愛着があり愛情を持って育てていた二人が、別れたときどちらが引き取るかでもめる…なんてことよく聞きます。

しかし、全ての団体が断っているわけではありません。

   

年齢制限で不可な場合も

年齢制限(6歳以下/60歳以上)

高齢のため断られる1番の理由は、猫の最期までお世話できなくなる可能性が高いことです。

年齢が60歳以上になると考えられる可能性は、

  • 体調不良や突然の入院で家を空けるかもしれない
  • もしかしたら猫のほうが長生きするかもしれない
  • 認知症を発症したことで飼育放棄になるかもしれない

このようなことから、断られることが多いようです。

団体の中には、子猫ではなく成猫なら高齢者でも里親に認めてもらえるところもあるようなので、気に入った猫がいたら相談してみましょう。

また、【6歳以下のお子さん】がいるおうちへの譲渡をお断りする団体もいます。

  • 猫の体を叩く
  • しっぽをひっぱる
  • 必要以上に追いかけまわす

猫にとって、ストレスを感じる行動をとりやすい年齢の子供がいると、主催者側としても苦渋の選択で譲渡をお断りするのでしょう。

   

スポンサーリンク

里親条件が厳しいけど、メリットもある

里親条件が厳しいけど、メリットもある

里親条件は猫のためとはいえ、厳しいのはたしかです。

しかし、保護猫を譲渡してもらうことで、里親にとってメリットもあります。

一番のメリットは、トライアル期間を設けられることではないでしょうか

一緒に暮らしてみて、猫との相性を確認することもできますし、猫が環境に合っているかを確認することもできます。

このトライアルは、里親にとっても保護猫にとっても、大事な期間です。

   

保護猫の里親になるために必要なこと2つ

保護猫の里親になるために必要なこと

保護猫の里親になるために必要なことは、以下の2つです。

  • 猫を飼うための費用をある程度把握しておく
  • 猫を飼える環境を作っておく

2つのことについて、カンタンに解説します。

   

猫を飼うための費用をある程度把握しておく

譲渡会で保護猫の里親になるとき、譲渡費用として平均3万円ほどが必要になります。

また、消耗品(フードやトイレ砂)や、猫トイレ・猫ベッド・おもちゃ・キャットタワー・ケージ・移動ケージも必要です。

これらを買いそろえるための費用もある程度把握し、主催者との面談時に収入面で問題ないことを伝えられます。

現実的に猫を飼うイメージができるので、把握しておいて損はないでしょう。

   

猫を飼える環境を作っておく

実際に迎え入れるおうちの生活環境を、前もって整えておきましょう。

家族の中に、保護猫のお迎えを反対する人がいないことも確認します。

必要最低限の猫用品を準備しておくと、正式な譲渡になっても慌てることがありません。

必要最低限の猫用品は、

  • お迎え初日からしばらく生活するケージ
  • トイレ・トイレ砂
  • フード

また、脱走できそうな場所の対策や、生活空間内にある危険物(細いヒモやビニール袋など誤飲のおそれのあるもの)を排除してください。

   

まとめ:保護猫の譲渡条件は過去の過ちを防ぐためだった!

保護猫の譲渡条件は過去の過ちを防ぐためだった!

保護猫の譲渡条件が厳しいと、保護猫の数が減らないのではないかと考えがちですが、それより大事なことがあります。

猫が最期まで幸せにくらせるおうちをみつけることを目標にした団体ばかりなので、譲渡条件もだんだん厳しくなっていったんですね。

猫の命を大切に考え、愛情をもってお世話してくださる里親か、、見極めるためと言われれば…納得できます。

今回ご紹介した譲渡条件は一般的な里親条件ですが、団体によってはさらに細かい条件や逆に多少優遇してくれるところもありました。

譲渡会などで気に入った保護猫をみつけたら、まずは主催者の人へ里親希望であることを伝えましょう。

プロフィール

コメント

タイトルとURLをコピーしました