PR

保護猫が夜鳴きしたら無視する?返事する?困ったときはケージを上手く使おう!

保護猫が夜鳴きしたら無視する?返事する?困ったときはケージを上手く使おう! 保護猫・地域猫
記事内に広告が含まれています。
ノアル
ノアル

保護した猫が夜中に鳴き出すと、どうしたらいいか困っちゃう。

近所迷惑もあるし…鳴かないようにするには、どうしたらいいの⁉

本記事の内容
  • 保護猫の夜泣きは無視してOK?
  • 保護猫の”夜泣きを無視”の意味
  • なぜ保護猫は夜泣きするの?
  • 夜泣きをやめさせる方法

保護した猫が夜泣きするのには、理由があります。

理由がわかれば対応策も考えられますが、保護猫の夜泣きは無視してよいのでしょうか。

「夜泣きは無視していいよ」と言われても、無視できない音量で鳴く…。

「夜泣きを無視していると、近所迷惑じゃ…。」と心配。

結論からお伝えすると、”保護猫の夜泣きは無視”の言葉を鵜呑みにしてはいけないということ‼

この記事では猫の専門資格をもつわたしが、保護猫の夜泣きを無視していいのか、夜泣きしなくなる方法について解説します。

スポンサーリンク

保護猫の夜泣きは無視してOK?

保護猫の夜泣きは無視してOK?

”保護猫の夜泣きは無視”と聞いたとき、わたしはちょっと悲しくなりました。

本当に夜泣きは無視していいのでしょうか。

答えは半分YES、半分NOです

どういうことなのでしょうか?…具体的に解説しますね。

スポンサーリンク

保護猫の”夜泣きを無視”の意味

保護猫の”夜泣きを無視”の意味

保護猫は外の生活から突然、室内に連れてこられたんですから、

「かわいそう」

「保護してごめんね」

など思い、夜泣きする猫に対して、なぐさめようとしがちです。

しかし、この先ずっと一緒に生活をしていくなら、飼い主になる保護主さんが保護猫に振り回されてはいけません

夜泣きするたびになぐさめることで、保護主さんは睡眠不足になる可能性があります。

他にも、

  • 体調が乱れやすくなる
  • 体力が低下する
  • 精神的に不安定になる(情緒不安定)

かといって、”完全無視”ではなく、保護主さんの余裕があるときは、なぐさめたり対応してあげてください。

保護主さんができるときは対応する、出来ないときは無理せず相手にしないこと‼

   

無視することのデメリット

基本的には、猫の夜泣きにたいして”相手にしなくてOK”ですが、無視することでデメリットが発生することがあります。

例えば、大声で夜泣きすることで、近隣へ騒音トラブルを起こしやすいこと。

近隣全員が猫好きとは限りません。

出来る限り夜泣きをさせないための対策を行いつつ、防音対策をすると良いでしょう。

   

返事をしたらどうなる?

もし、夜泣きした保護猫に対して返事や構ってあげるとどうなるか…。

夜泣きする理由でも、以下のことであれば対応してあげてください。

  • トイレが汚れている→掃除してほしくて鳴いている
  • おなかが減っている→1日の食事時間・量の徹底を行う
  • 運動不足→保護主さんが起きている時間にしっかり遊んであげる

しかし基本、猫の夜泣きは相手にしてはいけません

猫は「鳴けば相手してくれる」と学習して、夜泣きは改善されないです。

そうなると、猫中心の生活となり、保護主さんの体調が不安定となってしまいます。

あくまでボスは保護主さんなので、しっかりしつける意味でも、相手にしないことです。

ノアル
ノアル

相手にしなくなると、だんだん夜泣きの回数も減ってくるよ。

   

スポンサーリンク

なぜ保護猫は夜泣きするの?2つの理由

なぜ保護猫は夜泣きするの?

保護猫が夜泣きする理由は、以下の2つです。

  • 突然連れられた場所で不安がっているから
  • 【子猫の場合】寂しいから・甘えているから

2つの理由について、カンタンに解説します。

   

突然連れられた場所で不安がっているから

突然知らないにおいだらけの場所へ連れてこられ、不安になるので夜泣きします。

猫は変化を嫌う動物

保護主さんが良かれとおもって保護しても、猫にとって、環境が変わることへの不安は消えません。

警戒心の強い猫は、知らない環境に対する警戒心から不安になり、夜泣きすることもあるようです。

しかし‼

保護猫の夜泣きはほぼ全部の猫に当てはまりますので、深刻に考えなくてOK!

だんだん新しい環境に慣れてくればしぜんと夜泣きしなくなるので、ここは”無視”しておきましょう。

   

【子猫の場合】寂しいから・甘えているから

子猫といえ、保護したらしばらく隔離生活になります。

そのため、お母さん猫もいない・兄弟猫もいない・保護主さんの姿も見えなくて寂しいのです

わたしにも経験があるのですが、子猫を保護するととても人懐っこくなり甘えてきます。

隔離した部屋を出ようとすると、ついてきたり鳴いたりしてアピールされ、正直無視はよくないかもと思いました。

しかし、保護猫活動の方に話を伺うと、「子猫でも夜泣きするときはこころを鬼にして無視してください」ということでした。

いつも、自分の思い通りにならないことを学習してもらうため…だそうです。

わたしも教わったとおりに実践したら、鳴きやむようになりました。

   

夜泣きをしなくなる方法3つ

夜泣きをしなくなる方法

保護猫の夜泣きをしなくなる方法は、以下の3つです。

  • ケージを使う(安心できる場所作り)
  • 隠れられる場所を作る
  • 部屋を真っ暗にしない

3つの方法について、カンタンに解説します。

   

ケージを使う(安心できる場所作り)

新しい環境に不安がっている保護猫には、安心できる場所作りがおすすめです。

一番扱いやすいのが”ケージ”で、ケージの上から毛布など掛けて視界を遮ってあげると安心します。

ケージは、中にトイレやフード・お水を設置できるので、ケージ内のみで生活が可能です。

保護猫のにおいがついたもの(例えば保護したときに使った毛布やタオルなど)を入れてあげると、安心して寝床にするかもしれません。

もし、保護主さんに懐いているのであれば、保護主さんのにおいがついたもの(タオルやブランケットなど)をケージ内にいれてあげると落ち着きますよ。

保護猫をケージから出すタイミングとは!出たがるけど人馴れ訓練終了するまでだめ?

    

隠れられる場所を作る

不安がる猫のために、隠れられる場所を作ってあげましょう。

段ボール箱をハウスに見立てたり、ドームハウスみたいなものを設置してもよいです。

猫は狩猟時代は、外敵から身を守るため姿を隠していたので、安心するために隠れる場所があると安心します。

\Amazonおすすめ商品‼/

   

部屋を真っ暗にしない

暗闇が苦手な猫がいます。きっと不安なのでしょう。

そのため、夜中も部屋を真っ暗にせず、少し明かりをつけてあげると夜泣きが減ることも。

常夜灯で十分です。

因みにわたしが保護したときは、部屋のカーテンを少しだけ開けて、外の月明かりを取り入れてました。

ノアル
ノアル

街路灯とかもあって、結構明るいよ。

保護猫のトライアル失敗理由は?夜泣き/なつかない…後悔する前に知ってほしいこと

   

まとめ:保護猫の夜泣きは理由によって無視しつつ工夫が大事

保護した猫が夜泣きしたとき、お腹がすいていたりトイレをきれいにしてほしい欲求以外は無視しましょう

環境の変化を嫌う猫にとって、保護されれば環境は変化します。

保護猫が夜泣きするのも、仕方がないことなのです。

しかし、相手にすることなく”無視”することで、「夜泣きしても構ってくれない」ことを学習すれば、自然と減ってきます。

”無視”と聞くと冷たいように感じますが、しつけの1つなので、心を鬼にして対応してください。

プロフィール

コメント

タイトルとURLをコピーしました