PR

地域猫(野良猫)が来なくなった12の理由!3~4日来ない…いつもの場所にいない!

地域猫(野良猫)が来なくなった12の理由!3~4日来ない…いつもの場所にいない! 保護猫・地域猫
記事内に広告が含まれています。
ボクのママ
ボクのママ

地域猫(野良猫)が急に来なくなったら、心配ですよね。

この記事でわかること
  • 地域猫と野良猫の違い
  • 地域猫(野良猫)が来なくなった理由

わたしの家にも、毎日朝・夕にご飯食べにくる地域猫がいるんですが、3~4日来ないと心配でテレビみてても上の空。

うちの庭に、外猫ハウス(防寒対策済み)や雨風しのげる環境つくり、完璧✨

にもかかわらず、なぜうちの庭のいつもの場所にいないんだろうか…。

それは、猫の習性による事情があったのです!

今回は、猫の専門資格をもつわたしが、”地域猫(野良猫)が急に来なくなった理由”について解説します。

スポンサーリンク

地域猫と野良猫の違いとは

地域猫も野良猫も、生活環境は厳しい外で暮らしています。

では、何が違うのか?について違う点は、大きくわけて2点。

  • 地域の人たちで餌やトイレ掃除などお世話をしているかどうか
  • TNR活動によって、去勢・避妊手術を行っているかどうか

以上2点を行っている猫のことを、地域猫と呼びます。

   

スポンサーリンク

地域猫(野良猫)が来なくなった理由12つ

地域猫(野良猫)が来なくなった理由で考えられるのは、以下の12つです。

  • 実は飼い猫だった
  • 猫好きな人に飼猫として保護された
  • 保護された(個人ボランティアや保健所など)
  • 【地域猫】TNR活動で去勢・避妊手術のため一次保護された
  • 他の猫との縄張り争いに負けた
  • 【野良猫】食料確保のため我が子を追い出した
  • オスの子猫が自分の縄張りを見つけに旅立った
  • 猫の発情期になった
  • 猫の出産のため、安全な場所へ移動した
  • 寿命を全うした
  • 車にはねられた(事故にあった)
  • 悪質な人に連れ去らてしまった

12つの考えられる理由について、かんたんに解説します。

   

実は飼い猫だった

いやー、これ結構”あるある”なんですよ‼

わたしの身内でもそうでしたが、田舎だと家と外を出入り自由にしていて、日中は外へ出かけ夕方ごろご飯を食べに帰ってくるみたいな。

あなたが地域猫や野良猫と思って接した猫は、ひょっとすると誰かに飼われた飼い猫だったこともあります。

飼い主さんが冬寒いだろうと、猫に『外出禁止』すれば、当然外へは出られず。

よって、「急に来ない」「いつもの場所にいない」状態となるのです。

   

猫好きな人に飼い猫として保護された

猫好きな人が外で暮らす地域猫(野良猫)をみて、保護するとともに”飼い猫”として家族に迎え入れることがあります。

外での生活だと、

  • 病気など体調不良や免疫力の低下があるかもしれない
  • 栄養がしっかり取れた食事をしていないかもしれない
  • 冬は寒くて、夏は暑いのは、猫にとって辛い環境

もちろん、地域猫として地域の人たちと協力して面倒を見ている猫もいます。

しかし中には、病気で体力が落ちていく姿は見ていられない人もいるのです

生活環境を選んで生まれたわけじゃない地域猫(野良猫)が、1匹でも多く幸せに暮らせるようにとの想いから、保護するのだと思います。

ボクのママ
ボクのママ

わたしもその1人で、今うちにいる2匹とも、地域猫(野良猫)だったのを保護し、正式な家族に迎え入れました。(*’▽’*)♪

幸せだな~と感じてくれてればいいのですが…。笑

   

保護された(個人ボランティアや保健所など)

劣悪な環境(例えば、廃墟など)で集団生活していたり、明らかな病気・ケガをしている猫は、近所の方からの通報によって保護されることがあります。

個人のボランティア団体や、引き取り先がなければ保健所で保護することも。

わたしの知る限りだと、近所の方もまずは近くのボランティア団体をネットで探して連絡するパターンが多い印象です。

子猫の出産ラッシュ時には、保護団体もパンク状態になるそう。

そうならないためにも、TNR活動ってとっても大事なのです。

   

【地域猫】TNR活動で去勢・避妊手術のため一次保護された

野良猫だと思っていたら、実は地域猫だった…なんてこともよくあります。

地域猫として育てられた猫は、ある時期になると去勢・避妊手術を行うため捕獲します。

そのため、一次的にいなくなったと思われるのです。

”TNR活動”と呼ばれる活動で、猫の頭数を管理するとともに不幸な猫を1匹でも減らす目的があります。

また、去勢・避妊手術をすることで得られるメリットとしては、

  • 発情期の行動が減らせる
  • 生殖器関連の病気予防ができる
  • 不幸な子猫を減らす

地域のみなさんとボランティア団体が協力して行うことが多いです。

   

他の猫との縄張り争いに負けた

猫は縄張り意識が強い動物で、特にオス同士は自分の縄張りを守るためケンカすることも多いです。

夜、暗闇から突然、猫の唸り声を聞いた人も多いのではないでしょうか。

餌が豊富にある場所は人気のようで、たえず縄張り争いしては場所を確保しているようです。

オス猫によく傷があるのは、そのためなんだと納得しました。

   

【野良猫】食料確保のため我が子を追い出した

野良猫は餌の確保が難しいため、我が子を自分の縄張りから追い出すこともあります‼

もちろん子猫が自立したタイミングで…ですよ。

生後半年もすれば自立しますので、お母さん猫が子供を遠くまで連れてき、そのまま置いてきたり。

逆に餌がある場所を子供に譲り、お母さん猫が別の場所へ移動することもあるようです。

全ては生きるためなので、自然の原理なのでしょう。

ボクのママ
ボクのママ

地域猫は餌の心配がないので、あまり見られないよ。

うちにくる地域猫もずっと来てくれるし。(*’▽’*)♪

   

オスの子猫が自分の縄張りを見つけに旅立った

オスの子猫は生後半年ぐらいになって自立できるようになると、自分のテリトリー(縄張り)をみつけに旅立つことがあります。

オス猫は特に縄張り意識が強いため、自分の縄張りを作りたいのです。

「お母さん猫や兄弟猫と離れて寂しくないの?」

そう思われるかもしれませんが、厳しいことを伝えます。

猫が自立すると、親子や兄弟の概念がなくなります‼

さみしいけど、事実です。

ボクのママ
ボクのママ

「今日の身内は、明日の敵」という感じでしょうか⁉(ちょっといいすぎ?笑)

   

猫の発情期になった

猫は年に2~3回の発情期があり、発情期になると異性の猫を追いかけ、知らない場所へ移動しちゃった…ということがあります。

追いかけているときは、夢中になっているので、まわりが見えていないということなのでしょう。

なんだかちょっと、「自由ってすばらしい」と思ってしまいました。笑

   

猫の出産のため、安全な場所へ移動した

地域猫や野良猫など、外で生きているお母さん猫は、安全な場所で出産します。

なぜなら、出産時は無防備になるし、生まれてくる子猫はカラスなどに狙われやすいからです。

地域猫や野良猫が出産した子猫が、成猫になる確率って半分もないのは、ご存じでしょうか。

それほど過酷な環境下で育てていかなければいけないのです。

急にこなくなったりいつもの場所にいないのは、もしかすると、危険な場所と思ったからかもしれませんね。

ボクのママ
ボクのママ

安全な場所で出産・育児を終えるとまた帰ってくるかもしれないよ。

   

寿命を全うした

外で暮らす地域猫や野良猫の平均寿命は統計によると、5年未満とされています。

危険の多い外での暮らしなので、地域猫といえど、健康面の保障がないからです。

こんな話しを聞いたことありませんか?

「猫は自分の死を予感すると、飼い主から離れていく」

猫は可愛がってくれた人から離れることで、自分の死にざまをみせたくないと思ってました。

がしかし、これ違うんです。

猫は”死”に対する概念がありません。

ではなぜ急に来なくなるのか…それは、隠れた場所で体調を整えようとするからなのです‼

それが結果的に、隠れた場所でそのまま亡くなり、虹の橋を渡ってしまうんです。

    

車にはねられた(事故にあった)

車が走っている地域では人身事故だけではなく、猫の交通事故が発生するのも現実です。

車を運転していると、道路の真ん中あたりで、轢かれた猫を見かけた人も多いのではないでしょうか。

猫は、車の恐怖を理解していません。

また猫は、ビックリすると動けなくなってしまう習性があります。

車にぶつかるから逃げなくちゃと思っても、驚きでうごけなくなってしまい、車と衝突してしまうのです。

特に夜間では運転席から猫の動きがみえにくいと思います。

そのため、運転する側も法定速度を守り、注意しながら走行しましょう。

ボクのママ
ボクのママ

以前、可愛がっていた地域猫の黒猫が駐車場の入口あたりで車に跳ねられました。

そのことがずっと忘れられず、ノアルを保護したとき「必ず幸せにしなきゃ」と思い、引き取ったんです(*’▽’*)♪

    

悪質な人に連れ去らてしまった

弱い生き物である猫を捕獲し、虐待や遺棄する事件がありましたね…。

思い出したくもありませんが。

より捕まえやすい子猫を狙っての犯行、許せません‼

そんな人、人間じゃない‼悪魔です‼

ネットでの書き込みでも、

「同じ想いを味わえばいいんだ。」

「人間のやることじゃない!」

など、ニュースの話題になったので、知ってる人は多いのではないかなと思います。

最近やっと犬猫の虐待にたいする刑罰も出来て、実刑判決になった法案もあり、少しずつ犬猫の命も尊いものと認識されているようです

   

スポンサーリンク

保護猫譲渡の審査に落ちた人が保護するケースも

保護猫を迎え入れたいと考える人は、年々増えています。

嬉しい限りなのですが、実際は保護猫の譲渡に関するクレームがあるのをご存じでしょうか。

考えたら理解はできるのですが、保護猫の譲渡に関する審査基準が厳しすぎる件です。

私もそうですが、一人暮らしの人って寂しくて犬・猫を飼いたい人、多いと思うんですよ。

しかし、審査の中で「一人暮らし(特に男性)はだめ」と条件にしている団体が多くて…。

せっかくペットショップではなく、”保護猫”を迎え入れようと思ってくれているのに…。

先ほどもお伝えしましたが、なぜ審査条件が厳しくなったのかは、保護猫団体も猫が幸せな一生を贈れる人に託したいとの想いからです。

そんな中、ふと外にいる地域猫(野良猫)を見かけ、自分に慣れてくれたら保護し、そのまま家族に迎え入れる人がいてもおかしくありません。

保護猫の審査に落ちた…どうしたらいい?里親条件がほぼなしで猫を飼う方法4つ

    

実はうちのノアルも元野良猫でした

わたしも一人暮らしなので、きっと保護猫団体の審査には落ちるでしょう。

しかし現在、2匹の猫と暮らしています。

なぜ一人暮らしのわたしが猫と一緒に暮らせているのかというと、1匹目の黒猫(ノアル)は、実家の庭に迷い込んできた元野良猫だったからです。

まだ生後2~3ヶ月ほどだったでしょうか、片手におさまるぐらいのかわいさでした。

(5キロオーバーになった今でもかわいいのですが。(*’▽’*)♪)

即保護し、翌日病院へ連れていき、保護団体へお願いしようと思っていました。

ただ、もともと”大”の猫好きなわたしは、通院する間に情が入り、家族に迎え入れたのです。

そのとき、一応動物病院で事情を説明し、「それなら大丈夫ですね」とお墨付きはいただいてます。

ボクのママ
ボクのママ

ノアルやモカ(2匹目)が家族になるまでのお話は、また機会があれば♪

    

いつも場所にいないのはやっぱり心配

今回は12個の理由をご紹介しました。

他にも地域によって細かい事情があるとは思います

理由がわかっても、いつもの場所にいないと心配ですよね💦

状況がわからない分、不安も大きいと思います。

しかし、外で生きている限り、”急に来ないこともある”と割り切るしかありません。

   

まとめ:地域猫(野良猫)が来なくなっても安否を祈りたい

地域猫(野良猫)が急に来なくなったら心配になりますよね。

なんらかの事情で地域猫(野良猫)が急に来なくなることがあります。

今回は12個の理由について解説しました。

室内で生活する飼い猫と違い、外は危険がいっぱい。

そのため、病気やケガをする可能性も高く、寿命も短い。

ですが、外で自由に行動するため、対策は難しいです

あなたにできることは、猫の帰りを信じて待つこと…だけのようです。

保護猫のトライアル失敗理由は?夜泣き/なつかない…後悔する前に知ってほしいこと

プロフィール

コメント

タイトルとURLをコピーしました