PR

猫にキャットフードを混ぜるのは危険!朝晩違う”ミックスフィーディングのやり方

猫にキャットフードを混ぜるのは危険!朝晩違う”ミックスフィーディングのやり方 猫餌に関するもの
記事内に広告が含まれています。
ノアル
ノアル

1種類だと、飽きてしまうと思っていくつかキャットフードを混ぜるのは、ありかな?

何かいい方法があればいいのに。

今回は、このような疑問にお答えします。

本記事の内容
  • キャットフードを混ぜることが危険な理由
  • キャットフードを混ぜずに複種類与える方法<ミックスフィーディング>とは
  • ドライフード・ウェットフードのメリット・デメリット
  • <ミックスフィーディング>のやり方で注意点

結論からお伝えすると、ただ複数のキャットフードを混ぜるだけだと、危険な状態になる可能性もあり、おすすめしません

理由は、キャットフードによって効能が違うタイプ(例えば肥満猫用や腎臓ケア、毛玉ケアなど)が販売されていて、栄養の偏りが発生しやすいため。

必要な効能が入ったキャットフードを混ぜることで、全て与えていれば健康でいてくれると考えるのもすごくわかります。

現在、数多い種類のキャットフードが販売されていて、複数の種類を混ぜた状態で猫に与えている飼い主さんは多いのではないでしょうか。

この記事では、キャットフードを混ぜることの危険性と、混ぜなくても複数のキャットフードを<ミックスフィーディング>のやり方について、解説します。

   

スポンサーリンク

キャットフードを混ぜることが危険な理由4つ

キャットフードを混ぜることが危険な理由は、以下の4つです。

  • 栄養の偏りができてしまう
  • フードの特徴同士で効果を消しあってしまう
  • 開封したフードを消化するまでの時間がかかる
  • 食欲不振になりやすい

4つの理由について、カンタンに解説します。

ライフステージが変わることによって、フードの切り替え時期があり、必要な時期や方法などについてはこちらの記事をご覧ください。

   

栄養の偏りができてしまう

栄養素量が違うキャットフードを混ぜると、過剰摂取や不足する栄養素が出てくる可能性があります。

そのため、栄養の偏りがおきてしまうことも。

ノアル
ノアル

そもそも「総合栄養食」って、これ1種類だけで栄養が十分摂取できますよってことなんです。

   

フードの特徴同士で効果を消しあってしまう

猫の年齢や体形・体質改善用のフードは、栄養素の配合や特徴が違います。

毛玉ケア用食物繊維が10%配合し、体内にたまった毛玉の排泄をうながす
たんぱく質や脂質の量は抑えられていない
肥満気味用たんぱく質や脂質を抑えた低カロリー配合

例えば、上記の2種類のキャットフードを混ぜると、それぞれの特徴が打ち消されてしまうのです。

ノアル
ノアル

肥満気味の猫は、たんぱく質や脂質を抑えたいのにも関わらず、毛玉ケア用には通常の量のたんぱく質・脂質が含まれているね。

毛玉をうまく吐き出せない猫には、食物繊維が多く含まれている毛玉ケア用のフードを与えますよね。

しかし、肥満気味用のフードと混ぜることで食物繊維の割合が下がり、効果も下がる結果となるのです。

   

開封したフードを消化するまでの時間がかかる

1種類のキャットフードと、複数種類のキャットフードを混ぜる場合では、与える量はかわりませんが、1種類あたりの1日で消費する量は少なくなります。

ドライフードは開封後1か月ほどの賞味期限内で食べきることが推奨されている理由は、空気に触れると酸化が始まり、味・風味が落ちてしまうから。

ノアル
ノアル

栄養バランスも崩れてしまうため、体にも良くないの

ジップロックなどでしっかり密閉保存していても、開け閉めするたびに空気に触れるので、出来れば避けたいです。

わたしは酸化を少しでも防ぐ方法として、小袋包装のものを購入したり、開封後すぐにジップロップの袋へ小分け保存したりしています。

   

食欲不振になりやすい

猫は臭覚が人より優れているため、複数種類のキャットフードの匂いが混ざる状態を不快に思うことがあります。

また、長期保管したドライフードは酸化がはじまることで味・風味が落ちるため、おいしくないと猫が感じ食べなくなることも。

ここで注意したいのは、体の不調から食欲不振になっている場合です。

一言で「食欲不振」と言っても理由はいろいろあります。

詳しくは「猫が餌を急に食べないのはなぜ?水飲むか飲まないかでも症状は違う!」記事でご紹介しています。

    

スポンサーリンク

ドライフード・ウェットフードのメリット・デメリット

メリット

デメリット

ドライフード・ウェットフードのメリット・デメリットについて、それぞれカンタンに解説します。

   

メリット

【ドライフード】

ドライフードは水分の含有量を10%以下で乾燥させたフードです。

フードから水分を抜くことで、細菌や微生物の繁殖をおさえることができ、賞味期限も1カ月に設定されています。

ノアル
ノアル

価格もウェットフードに比べて割安で、便利な点もうれしいですね。

カリカリした食感が好きな猫も。

また科学的に証明はされていませんが、ドライフードを噛むことで歯に歯垢や歯石がつきにくく、お口の中の病気予防になります。

【ウェットフード】

ウェットフードは、水分の含有量が70~80%以上含まれているため、フードから水分も摂取できます。

水分を多く含んでいるため、カロリーを抑えても満腹感が感じやすく、肥満防止の効果も。

ドライフードより香りが強いことで、猫の食いつきがよいことはみなさん、ご存じですよね。

特に噛む力が弱くなっている高齢猫などにおすすめです。

   

デメリット

【ドライフード】

フードから水分を摂取できないため、水を与える必要があります。

水を飲ませないと、下部泌尿器疾患の病気になりやすいため、注意が必要です。

【ウェットフード】

フードの価格がドライフードと比べて割高な点や、開封後は傷みやすいので保存ができないなど、経済的なコストがかかります。

他にもドライタイプに比べて柔らかいため噛む力が衰えていき、噛まないことで歯垢や歯石がつきやすくなるので、毎日の主食にはあまりおすすめしません。

日頃からウェットフードを与える場合は、歯磨きやお口のケアがとても大切です。

ウェットフードを与えている人には、デンタルケアのできるドライフードも使ってみてはいかがでしょうか。

特許成分配合で、全国の獣医さんが推奨しているプレミアムフードはこちらです。

   

スポンサーリンク

キャットフードを混ぜずに複種類与える方法<ミックスフィーディング>とは

ミックスフィーディングとは、ドライフードとウェットフード両方与える方法のこと。

ドライフードとウェットフードのそれぞれメリット同士を掛け合わせることが出来るのはうれしいですね。

この方法は、混ぜるのではなく時間帯によってドライとウェットを使い分けるという意味になります。

ノアル
ノアル

朝ドライフードにしたら、夜はウェットフードのように、朝晩違うキャットフードにするの。

ドライとウェットのデメリットをお互いのメリットでおぎなうことで、相乗効果が期待できます。

   

<ミックスフィーディング>のやり方で注意点4つ

<ミックスフィーディング>のやり方で注意点は、以下の4つです。

  • どちらのフードも【総合栄養食】を選ぶ
  • 同じ製品・シリーズのフードを与える
  • 1日に必要な給餌量を与えすぎない
  • ドライフードとウェットフードは極力混ぜない

4つの注意点について、解説します。

   

どちらのフードも【総合栄養食】を選ぶ

フードには大きく分けて「総合栄養食」と「一般栄養食」があります。

「総合栄養食」は前にもお話したとおり、これ1種類だけで栄養が十分摂取できるフードなので、水分と合わせて与えれば栄養配分は完璧です。

「一般栄養食」と呼ばれるフードは、いわゆるおやつや副食(おかず)のような役割なので、これだけでは必要な栄養が摂取できません。

ノアル
ノアル

ウェットタイプは一般栄養食のものが多いから、パッケージの表示を確認してから購入してくださいね。

   

同じ製品・シリーズのフードを与える

ミックスフィーディングでドライとウェットタイプのフードを与える場合は、出来るだけ同じメーカー・同じ種類・同じシリーズのものを選ぶことをおすすめします

同じシリーズを選ぶことで、栄養の偏りが少なくするためです。

↓高品質で獣医さんおすすめのプレミアムフード↓

ご紹介したカナガンのキャットフードは、同シリーズでウェットフードもありますので、使いやすいです。

   

1日に必要な給餌量を与えすぎない

ドライフード・ウェットフードのパッケージに記載されている1日に必要な給餌量の目安を確認し、フードを合算した量が必要カロリー数になるように注意してください。

ノアル
ノアル

ウェットフードで与えるカロリー量を、ドライフードの目安給餌量から減らせば、簡単です。

ドライフードとウェットフードを混ぜずに、食事の時間帯でローテーションを組んで与えれば、カロリー計算も簡単になります。

   

ドライフードとウェットフードは極力混ぜない

ドライフードとウェットフードを別々に与える場合、メリット同士の相乗効果が期待ですます。

しかし、混ぜてしまうとお互いの良さが消されてしまう場合があるため、注意が必要です。

注意する理由は、ウェットフードは酸化も腐敗も早いため、ドライフードと混ぜることでドライフードの腐敗が早まってしまうから。

ドライフードが水分を含むことで、フードがやわらなくなり、噛む力を衰えさせる可能性もでてきます。

ただし、噛む力や消化機能が落ちた高齢猫やお口の中に歯周病など発症している猫には、混ぜてあげると食べやすくなるでしょう

   

まとめ:キャットフードを混ぜると健康面・衛生面に危険が…

複数のキャットフードを混ぜることは、危険が潜んでいるので、おすすめしません。

キャットフードを混ぜると、栄養の偏りやフード同士の特性を消しあってしまいます。

賞味期限内に消化することがむずかしくなり、味・風味も落ちてくることも理由のひとつです。

猫がいつでもおいしく食べられるように、しっかりと対策を考えなくてはいけません。

もし、複数種類のフードを与えたいと思った飼い主さんは、ドライフードとウェットフードの特徴を合わせた<ミックスフィーディング>のやり方で与えることをおすすめします。

プロフィール

コメント

タイトルとURLをコピーしました