PR

猫の餌の置き場には注意!快適に食べられる場所を徹底解説

猫餌に関するもの
記事内に広告が含まれています。
ノアル
ノアル

猫の食事場所ってなんとなく置ける場所に置いているけど、猫にとって快適にご飯が食べられる場所があれば知りたいな。

今回は、こんな疑問にお答えします。

本記事の内容
  • 猫の餌の置き場所で確認するポイント
  • 猫の餌の置き場所で注意すること

猫が食事をする場所は、トイレから離すことは、知ってる人も多いでしょう。

猫がリラックスして食事ができる環境にすることも、なんとなくイメージがつくかもしれません。

しかし、具体的に注意しなければいけないポイントはご存じでしょうか。

今回は、餌の置き場所について注意するポイントを押さえ、猫が快適な食事ができる環境つくりを行っていきましょう。

スポンサーリンク

猫の餌の置き場所で確認する3つのポイント

置き場所で確認するポイントで一番大事なのは、安全な場所であることです。

その他、猫ファーストで考えるためのポイントをご紹介します。

人の生活動線上になっていないか

人の生活動線上に食事場所を作ると、人が通るたびにちりやほこりが舞い、フードボウルの中に入ってしまいます。

またうっかりつまづいて、フードをこぼしてしまうかもしれません。

安全面からも、人の移動が少ない静かな場所にフードを置いてあげましょう。

小さなお子さんがいるおうちでは、部屋の中で子供が近寄りにくい場所で食事ができる環境が理想です。

衛生管理が出来る場所か

キッチンの近くは人の食べ残した残飯や生ごみがあり、猫が誤飲してしまう可能性があるので、出来るだけ避けることをおすすめします。

フードの置きっぱなしも、不衛生です。

食べ残した分は、片付けましょう。

置き餌をおすすめしない理由など、詳しくは「猫の餌は置きっぱなしOK?理由とともに解説します!」の記事内でご紹介しています。

飼い主さんが猫の食事中を確認できる場所か

猫がフードを食べている間、下記のような項目で気になることがないか、確認できる場所が望ましいです。

  • 食欲はあるか
  • 異変はないか

猫は食事中に話しかけられたり、邪魔されたりするとストレスに感じます。

観察する際は、少し離れた場所からそっと見守りましょう。

食欲がなさそうであれば、「猫が餌を急に食べないのはなぜ?水飲むか飲まないかでも症状は違う!」の記事でご紹介しています。

他にも、いつもと違う行動が見られる場合は、こちらの記事も参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

猫の餌の置き場所で注意すること 5選

食事とトイレの場所は離す

猫はきれい好きな動物なので、食事をする場所とトイレは最低1m以上離してください

猫も、トイレのニオイがする場所では食べたくありません。

猫の臭覚は人の数倍もあるため、おしっこやうんちのニオイがついたトイレの近くでは絶対に食べない猫もいるので、気を付けましょう。

周囲が見える場所に置く

猫は食事中と排泄中は無防備になります。

警戒心が強い猫は、食事中や排泄中でも周囲の様子が確認できる位置でないと安心できません。

安心してゆっくり食事するためには、360℃見渡す場所が理想なのです。

適温・適湿度の環境下の置く

室温18~29℃
湿度30~90%
最適な環境

室内の温度・湿度が快適に調整されている場所に、猫が食事できるようフードを置いてあげましょう。

夏や冬はエアコンを使用し、室内温度・湿度設定をしてくださいね。

ノアル
ノアル

湿気の高い、キッチンやお風呂場、加湿器の近くは避けましょう。

窓際に置かない

直射日光が当たる場所は、フードの劣化が激しくなりますので、おすすめしません。

置き場所をあまり変えない

警戒心の強い猫は、ご飯の場所が変わると、急に不安になり食欲不振になることがあります。

食欲不振になると、栄養がきちんと摂れず体調を崩しかねません。

毎日安心してフードが食べられるように、置き場所は定着させてください。

ノアル
ノアル

置き場所を変える=環境の変化になるので、ストレスに感じることも。

スポンサーリンク

多頭飼いしている場合に注意すること 2選

健康管理のため、それぞれの猫が食べた量を把握することが望ましいのですが、多頭飼いされているおうちだと難しいですよね。

年齢の違う猫だとフードの種類が違う場合もあるので、「どうすればいいのかな?」と悩むところ。

この場合は、猫1匹に対して餌入れを1つ用意し、与えてみる方法があります。

理想の食事回数おすすめフード
子猫3~6回高カロリーで栄養価が高いフード
成猫1~3回栄養バランスの取れたフード
高齢猫3~4回低カロリーで栄養価が高いフード
年齢別おすすめのフード

子猫は成長期なので、しっかり栄養を摂らなくてはいけません。

しかし、高齢猫になると運動量も下がるため、必要なエネルギーも低下することで摂取カロリーも減ってくるのです。

高齢猫が子猫用のフードを食べてしまうと、体調不良になってしまう可能性があるので、十分注意が必要になります。

猫同士の餌の置き場所を離す

他の猫のフードを食べないように、ある程度の距離を保った場所にフードを置くと個々の食べた量が把握できます。

準備や片付けが複数箇所になるので、ある程度の広さがあるおうちになってしまうところがデメリットですが、仕切りを置いてあげることで解消できそうです。

猫同士の餌の時間をずらす

年齢が違うと理想の食事回数もかわるので、食事の時間帯を少しずつずらして与える方法もおすすめです。

同年代の複数猫でも、同じように1匹ずつ順番にフードを与えると良いかもしれません。

ノアル
ノアル

猫の性格によるので、試してみてストレスを感じてそうなら、やめてあげよう。

この場合、個々の猫の健康管理ができて準備や片付けも1か所で済むので、飼い主さんには楽ですね。

この場合も、最初の食べ始めた猫から最後の猫が食べ終わるまで確認していないといけないことから、忙しい飼い主さんには不向きかもしれません。

まとめ:猫の餌の置き場には注意!快適に食べられる場所を徹底解説

猫のフードの置き場所については、安全で衛生面が整った静かな場所が適しています。

小さなことでもストレスを感じやすい猫は、安心してフードが食べられる環境づくりが大事です。

多頭飼いの場合は、食事の場所や時間帯をずらして与えると、個々の健康管理が楽になるのでお試しください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました