PR

猫の毛がつきにくい服にするための方法3つ!生地の素材によって違う!

猫の毛がつきにくい服にするための方法3つ!生地の素材によって違う! 猫の毛に関すること
記事内に広告が含まれています。

ノアル
ノアル

猫と一緒に暮らしていると、お気に入りの服に猫の毛が付いてしまいます。

できるだけ服につきにくい素材や方法があれば知りたいな。

今回は、猫の毛がつきにくい服の素材はなにか、つきにくくする方法があるのかなどの疑問にお答えします。

本記事の内容
  • 猫の毛が服にくきにくい素材や方法
  • 猫の毛がつきにくい服として販売されているもの
  • あなたに合った方法の選び方

「猫と一緒にくらしていると、どうしても服に猫の毛がついてしまう・・・」と悩んでいる人も多いですよね。

人の髪の毛と同じで、ある一定の周期でかならず抜けてしまう猫の毛は、床や衣類に付いてしまうので諦めた人もいるかもしれません。。

そこで今記事では、服に猫の毛がつきにくくする方法をいくつかご紹介します。

それぞれのメリット・デメリットを知って、あなたの合う方法をみつけましょう。

関連記事:猫の抜け毛に悩んでいる人は「リモサボン」がおすすめ!実際に使った体験レビュー

スポンサーリンク

猫の毛がつきにくい服にする3つの方法

猫の毛がつきにくい服にする方法は、3つになります。

  • 猫の毛がつきにくい服の素材を選ぶ
  • 猫の毛がつきにくくなるものを使う
  • クリーニングでリファイン加工をしてもらう

3つの方法について、解説します。

猫の毛がつきにくい服の素材を選ぶ

猫の毛がつきにくい素材で作られた服を選ぶことで、少しでも付きにくくする方法です。

猫の毛がつきにくい素材猫の毛がつきやすい素材
綿やリネンなどの天然素材(デニムなど)
ポリエステル・ナイロン
サテン・シルク
ウール
起毛のある素材

猫の毛がつきにくい素材は、表面の凹凸が少なく、ツルツルしている素材になります。

ノアル
ノアル

サテン・シルクやポリエステル・ナイロンはサラサラでシャカシャカ音が出るものが多いのでわかりやすい。

ここで注意するのは、素材のかけ合わせ。

猫の毛が人の服につく最大の原因は静電気です。

そのためいかにして静電気の発生を抑え、帯電させないかが重要になってきます。

磁石と同じで、プラス同士・マイナス同士の反発を利用して服と猫の毛がくっつかないようにすることが重要です。

プラス静電気マイナス静電気
ナイロン
ウール
レーヨン
アクリル
ポリエステル
アセテート

プラスとマイナスの素材を組み合わさると、静電気が発生します。

普段何気なく着ている服でも、違う素材の組み合わせによって、猫の毛がつきやすくなってしまうこともあるので注意が必要です。

猫の毛がつきにくくなるものを使う

【静電気防止効果のある柔軟剤・スプレー】

猫の毛が服につく最大の原因が「静電気」とお伝えしました。

今記事に対する解決方法の一番手軽な方法は、服に静電気防止スプレーを直接吹きかけることです。

静電気防止スプレーは、帯電してしまった静電気を外へ逃がすとともに、既に発生した静電気へも働きかけるため、高い効果が期待できます。

静電気を防止する柔軟剤も販売されているので、試してみるのもいいかもしれません。

created by Rinker
協和
¥804 (2024/04/21 23:07:50時点 Amazon調べ-詳細)

【付着防止効果のある洗濯洗剤】

静電気を発生させないための静電気防止スプレーは、忘れてしまったら効果は発揮されませんよね。

ノアル
ノアル

手軽さも捨てがたいし、もっと確実に予防する方法があればうれしいな。

そこでご提案したいのが、「洗濯物に静電気防止コーティングをする洗濯洗剤」です。

スプレーのように即効性の効果はありませんが、使い続けることによって効果を発揮します。

静電気が発生する猫の毛にコーティングをして、洗濯した服から落としやすくする効果と、洗い続けることで服に付かなくなる効果に特化したアイテムです。

猫のニオイも取ってくれる消臭成分を配合したものもあります。

ちなみに、猫の抜け毛対策にぴったりの洗剤「リモサボン」はご存じですか?

レビュー記事もご覧ください!

【猫の抜け毛対策】洗濯洗剤「リモサボン」を実際使ってみた

クリーニングでリファイン加工をしてもらう

クリーニング店で静電気を防止できる「リファイン加工」があります。

店舗により価格は違いますが、通常のクリーニング料金に数百円ほどプラスした金額でリファイン加工するところが多いです。

「リファイン加工」とは、服の繊維に失われた栄養素を補給し、元の状態に戻す加工のこと。

ノアル
ノアル

人の髪にトリートメントをするイメージです

静電気を防止する効果に加え、生地本来の肌触りや質感を取り戻す効果が期待されます。

スポンサーリンク

それぞれの方法に対するメリット・デメリット

3項目に対するメリット・デメリットをご紹介します。

  • 猫の毛がつきにくい素材の服
  • 猫の毛がつきにくくなるもの
  • クリーニングでリファイン加工をしてもらう

順番に解説します。

猫の毛がつきにくい素材の服

<メリット>

  • 猫の毛がつきにくい素材の特性を知ることで、自然につきにくく落としやすい

猫の毛がつきにくい素材が好きな人には、おすすめです。

<デメリット>

  • 冬の素材(フリース・起毛・ニット)には出来ないため、季節をえらぶ
  • 繊細な素材(サテンやシルクなど)は、猫の爪で簡単に傷がついたり破れたりする可能性がある
  • レザーも同じく、合皮は猫の爪で傷つきやすいため、高価な本革を選ぶことになるが、本革のニオイが苦手な猫が多い
  • サテン素材は猫の毛がつきにくい反面、静電気が発生しやすいため、逆効果になりやすい
  • デニム素材は洗濯のとき色落ちしやすいため、他の服と一緒に洗うと色移りする可能性が高い

使いやすい反面、注意ことするが多い印象です。

猫の毛がつきにくくなるもの

【静電気防止効果のある柔軟剤・スプレー】

<メリット>

  • 手軽に使えて、効果を発揮してくれる
  • 購入しやすい金額で、長期で継続使用ができそう

<デメリット>

  • 香りのあるものは猫にとって有害になるものもあるため、注意が必要
  • 使い忘れると、当然効果は発揮されないため、習慣づけることが必須となる

【付着防止効果のある洗濯洗剤】

<メリット>

  • 猫の毛がつきにくくなるだけじゃなく、落ちやすい効果や消臭効果などプラスアルファの効果が期待できる
  • いつもの洗濯洗剤を変えるだけなので、使い忘れることがない

<デメリット>

  • 一般的な洗濯洗剤と比べて、金額が高い
  • 定期購入でお得に購入すると、解約したいときの手続きに手間がいる

クリーニングでリファイン加工をしてもらう

<メリット>

  • 専門家が服に自宅ではできない加工を施してくれるから、安心できる
  • 服の状態を確認してもらえる

<デメリット>

  • クリーニング店へ服を持っていかなくてはいけない
  • 通常のクリーニング代にプラス数百円がかかるため、服を多く所有してる人は高額になる場合も
スポンサーリンク

今回紹介したアイテムの評判・口コミ

今回ご紹介した商品についての口コミをご紹介します。

  • 香りとデオドラントのソフラン 柔軟剤 アロマソープの香り 本体 650ml
  • 静電気防止スプレー 無香料 160ml
  • 付着防止効果のある洗濯洗剤「リモサボン」

香りとデオドラントのソフラン 柔軟剤 アロマソープの香り 本体 650ml

どこかで嗅いだことのある香り…洗濯糊のキーピングの匂い。嫌いでは無いけど、イメージしてた「せっけんの香り」とは違いました。
柔軟剤としては良いんですが…。

Amazonレビュー

香りは好きですが、やはり強いですね。少な目にしておかないととてもじゃないですがタオルが使えなくなりそうだと思いました。
少な目でもふわ~んと匂ってくるので相当だと思います。好きな臭いなのでそこまで嫌ではないですが・・・量をおさえているので若干ふんわり具合がよくない感じもします。もう少し香りそのままでおさえ気味に改良できないんでしょうか・・・
最近はどこのメーカーも臭いが強すぎてうんざりします・・・むしろ臭いなんてなくていいのに・・・

Amazonレビュー

静電気防止スプレー 無香料 160ml

元々、私のお祖母ちゃんがスカートの裏地の静電気防止によく使ってたので、もう完全にイメージはお祖母ちゃんのための静電気防止スプレー、だったんですけど…
レビュー見てたらそんなでもないな、若者(?)でも使えるなと。
乾燥と、電気を通しやすい私の体質(乾燥肌)で膨れ上がって逆立った私のロングヘアの毛先は、これまでにないほどに傷んでしまって、静電気は絡まりを更に助長、他にも静電気除去スプレーはあるようでしたが、レビューを見てこちらを購入。

Amazonレビュー

見たことのない商品だったので、少し不安でしたが、今まで使っていたの物より、スプレーの霧が細かく、ひと吹きで噴霧できる範囲も広いので使いやすかったです。
一度噴霧したら、2~3日は、効果がありました。
無香料なので、噴霧した後に着用しても臭いが無いので気にならない点も良いです。
今後は、これを使い続けようと思います。

Amazonレビュー

付着防止効果のある洗濯洗剤「リモサボン」

私も実際に使っている洗剤で、おすすめする商品です。

「リモサボン」は使っていただくと効果を実感していただけるし、写真より見た目の大きさに驚きお得感を感じた記憶があります。

猫の抜け毛を減らす対策も必要

ここまで、服に猫の毛をつきにくくする方法やアイテムをご紹介しましたが、毎日のブラッシングも行いましょう。

毛づくろいが下手な猫の3つの理由を知って、上手にケアしよう

ブラッシングすることで、下記のような効果があります。

  • 抜け毛や汚れを取り除く
  • 猫とのコミュニケーション
  • 毛球症予防(その他病気や炎症予防)

人の髪と同じように、猫の毛も毎日抜けています。

猫の換毛期である3月と11月は特に大量の抜け毛が発生するため、服と接する抜け毛を少なくして予防もしましょう。

猫の毛が大量に抜けるのは何が起こってる?ストレスや病気にも注意!

まとめ:猫の毛が服からすぐに落とせることが理想だね♪

素材による特性を活かし、猫の毛が服につく原因の静電気を予防することが大切であることがわかりました。

方法はいくつかあり、素材の特性を使ったり静電気を予防する方法も便利な商品を使ったり出来ますが、それぞれにメリット・デメリットがあります。

「自分にはどの方法が一番現実的な方法なのか」を選ぶお手伝いになれればうれしいです。

関連記事:猫の抜け毛に悩んでいる人は「リモサボン」がおすすめ!実際に使った体験レビュー

コメント

タイトルとURLをコピーしました