PR

黒猫の写真をかわいく撮る方法…写真アプリを使ってスマホ撮影しても写真写りが悪い?

黒猫の写真をかわいく撮る方法…写真アプリを使ってスマホ撮影しても写真写りが悪い? 黒猫
記事内に広告が含まれています。
ノアル
ノアル

黒猫の写真って撮影した画像をみるといつもピンぼけぽくて、上手く撮れないな。

難しいかもしれないけど、撮影のコツとかあれば知りたいな。

今回は、こんなお悩みにお答えします。

本記事の内容
  • 黒猫の写真をかわいく撮るのが難しい理由
  • プロから学ぶ、黒猫の写真をかわいく撮る方法

結論からお伝えすると、黒猫の写真をかわいく撮る方法は難しいです

理由は、黒い毛は影と同化しやすく、初心者が撮影すると猫の形がぼやけるから。

黒猫の写真をかわいく撮る方法には、プロ並みのカメラテクや機能が必要になるし、カメラマンのスキルがある程度必要だなと感じるはずです。

スマホ撮影に挑戦しても、結局必要なスキルは同じ。

この記事では、黒猫の写真をかわいく撮る方法と、難しい場合は「じゃ、どうしたらいいの?」のところまで解説します。

      

黒猫の写真をかわいく撮るのが難しい理由3つ

黒猫の写真をかわいく撮るのが難しい理由は、以下の3つです。

  • 室内の自然光で撮っても、体のかたちがぼやける
  • 明るくすると、光の反射で黒い毛に白さが出てしまう
  • AF(オートフォーカス)/露出補正機能の設定が必要

3つの理由について、カンタンに解説します。

  

室内の自然光で撮っても、体のかたちがぼやける

日中の室内で自然光が入る時間帯でも、黒猫の体ってぼやけちゃうんだよね。

毛先がぼやける感じ?とにかく、黒いふわふわのボールがある感じに映ってしまいます。

ノアル
ノアル

香箱座りして”おててないない”してるときなんて、「えっと…前足はどこですか?」っていつも思っちゃう💦

目をつむっちゃった時は、もう”黒いモヤモヤのかたまり”だね…。

黒猫って毛の色だけじゃなく、鼻や肉球まで黒い猫が多いから、色が同化するんですよね。

だから、黒猫の撮影場所ってすっごく大事。

 

明るくすると、光の反射で黒い毛に白さが出てしまう

「薄暗いとぼやけるなら、部屋を明るくすればいいんじゃないか」と思われた人、いるかもしれませんがしかし、答えは「ノー」。

”黒光り”って言葉があるように、黒に光が当たると色の反射が起こってしまうんです。

結果、黒い毛に白さが入ってしまい、茶色っぽくなってしまいます。

ノアル
ノアル

せっかく黒猫の特徴である”黒い毛”の猫の写真を撮りたいのに、茶色くなるなんて…。

  

AF(オートフォーカス)/露出補正機能の設定が必要

まず、黒猫は全身が黒いので、カメラのAF(オートフォーカス)※被写体にピントを自動的に合わせる機能を使いこなすのが難しいんです。

いわいる”ピント迷子”状態。笑

猫も生き物なので動くたびにピント合わせる必要があり、「今だ!」というシャッターチャンスを逃してしまって、1枚も撮れなかったということもありえます。

ノアル
ノアル

何度も経験ありで、毎回ショックすぎて落ち込みます。💦

また、カメラの露出補正※「絞り値(F値)」「シャッタースピード」「ISO感度」の機能を設定するのが、すっごく大変‼

  

元Dヲタの実力はというと…

私、元Dヲタ(ディズニーヲタク)なんで、一眼レフ持ってショーパレ(ショーやパレードのこと)の撮影をしてたけど、毎回何千枚と連写してもお気に入りの写真は数枚しか取れないほどでした。

ノアル
ノアル

わたしの技術がヘタなだけっていうのも、あるけど。笑

例えば、フロートに乗ってるミッキーを撮るにしても、カメラの方角やフロートの高さまでの角度で全部設定が違ってくるんです。

理由は、太陽の日差しが真上から当たってないから。

したがって、フロートの動きに合わせてカメラを横に動かしても、それぞれの設定が違うから、すべての写真がきれいに撮れるわけじゃないんだよね。

  

プロから学ぶ、黒猫の写真をかわいく撮る方法5つ

プロから学ぶ、黒猫の写真をかわいく撮る方法は、以下の5つです。

  • 背景は白っぽい場所で撮る
  • 自然光で撮る
  • 目がぱっちり開いているときに撮る
  • 原色のアイテムを使って撮る
  • 撮影した写真をアプリ等で加工する

5つの方法について、カンタンに解説します。

  

背景は白っぽい場所で撮る

黒猫の黒と背景の白でコントラストの差を利用した撮影方法です。

室内って思った以上に色のついたものが多くて、「私は、白を基調にした部屋に住んでます。」じゃない限り、難しい人多いかもしれません。

ノアル
ノアル

因みにわたしは、今の家のフローリングが白っぽいので、引っ越してきました。(*’▽’*)♪

やっぱり、普段のリラックスした写真や動画、たくさん撮りたいから。

黒猫が映える白を基調にした部屋へ引っ越しして、写真の技術はそこそこでも、写真はたしかに映えるね。

しかし、「うちはフローリングも家具も茶色で統一してて…。」でも、大丈夫。

例えば、白っぽい・アイボリーぐらいのクッションやベッドカバーなど、黒猫が乗れそうなものってありませんか?

黒猫の飼い主さんだと、黒い毛が付いても目立ちにくい色を選ぶ傾向が高いと思いますが、写真撮影用に、白っぽいグッズを用意しておくといいかも。

白っぽい背景にすると、自然光が反射して明るい写真が撮れるので、おすすめです。

  

自然光で撮る

強烈な光は、黒に反射して逆効果なので、太陽の自然光の下で撮影する方法です。

庭・ベランダへのガラスサッシ扉の側や部屋の窓際で、撮ってみましょう。

ノアル
ノアル

光の微調整として、レースのカーテンを使ったりするんだって!

間違っても、ライブ動画のような強い照明は使わないでね。

  

目がぱっちり開いているときに撮る

黒猫の唯一”黒じゃない部分”の目にフォーカスを合わせる方法がマスト、目を閉じて眠っているときは「目がどこにあるか、わかりづらい」ため、NG。

ノアル
ノアル

ほんとうに黒いかたまりみたいに映っちゃうから、気を付けて!

黒目がまんまるで目もぱっちり開いたときは、特にかわいいですよね。

黒目が丸くなるのは、光を取り込もうとする猫の体質によるもので、薄暗い場所にいるとよくみかけますが、獲物を捕まえようとするときにも見られるんです!

イエネコでは狩りをする必要がないので、猫じゃらしを使って猫に目で追わせましょう。

だんだん、黒目が丸くなってきます。その時が、シャッターチャンス!

  

原色のアイテムを使って撮る

「白っぽい背景がないよ~」って人、原色のアイテムはお持ちですか?

赤・黄色・青・緑…などなど。

原色アイテム、例えばクッションや愛猫用のベッド、毛布…なんでもいいんです、原色アイテムと一緒に撮影する方法です。

原色と合わせると、黒が引き立ち、お気に入りの1枚が撮影できるかもしれません。

  

写真アプリ等で加工する

カメラ設定は場所によって違うので、必ず「F値は〇〇、シャッタースピードはこれぐらいでISO感度は〇〇」と決まっていません。

あくまでも、撮影する場所でテスト撮りしながら、微調整をしていきます。

この微調整をするにはある程度のスキルが必要なので、暗めに撮影した写真を写真アプリ等を使って修正していく方法です。

写真加工アプリは、無料版から有料版まで種類も豊富にありますので、「写真加工」キーワードでアプリを探してみてください。

  

【結果】黒猫の写真をかわいく撮る方法は、初心者にはムリと判明!

実際にカメラで撮影してみると、自然光に対してカメラを構える向きや角度によって、ぜんんぜん違うので難しいと感じるはずです。

テスト撮影しながら、「F値」「シャッタースピード」「ISO感度」をそれぞれ微調整しながら…と思ってる間に、愛猫が移動💦

愛猫にたいして「じっとしてて」と言っても理解してくれるはずもなく、わたしも毎回途方にくれてます。

ノアル
ノアル

最近はもう、普段の写真は諦めて動画で残しています。

一眼レフにも動画機能があるし、iPhoneで撮影することもあるよ。

   

写真アプリを使って、スマホ撮影も難しかった

一眼レフが難しくても、iPhoneの「一眼レフカメラ並みに写真が撮れるアプリ」っていくつかあります。

例えば、「StageCameraPro2 – 高画質のマナーカメラ」や「Focos」が有名ですが、実際にダウンロードして操作を試してみると、結局一眼レフカメラのスキルがある程度必要なことがわかりました

ノアル
ノアル

だったら、一眼レフとほどんどかわらないのでは…って思いますよね。

一眼レフカメラを買わなくても、iPhoneがあれば同じような写真が撮れるのは魅力的だけど、使いこなせるスキルがなければ宝の持ち腐れ状態。

ノアル
ノアル

やっぱり、カメラのマニュアル設定を覚えないときれいな写真はムリなのかな。

自分でかわいい写真を撮るのが難しいとき、どうすればいいの?

自分では写真スキルがないことがわかったけど、一眼レフで撮ったきれいな写真がほしいんです!

だって、画質やかわいさが全然違うんだもん、もう泣けるほど。

愛猫の誕生日や記念日に、かわいい写真を撮ることができたら、思い出として撮った写真を額に飾ったり、スマホの待ち受けにしたりできますね。

自分で写真を撮るのは難しいけど、愛猫の誕生日や記念日にかわいい写真が欲しい人は、プロのカメラマンに撮影してもらえば、最高の瞬間が永遠にあなただけのものに!

「特別な日だからこそ、かわいい写真を残したい」との理由から、ペットフォトサービス「DOG&Co. photography」を選ぶ人が増えています。

写真はデータでいただけるので、とびきりかわいい写真をご自身でさらにかわいく加工することも可能!

「スタジオで撮影」ではなく、自宅でリラックスしている愛猫の姿を写真に納めることができるフォトサービスだから、思い出作りにも最適ですね。

\今ならキャンペーンで最大30%OFF!/

   

まとめ:黒猫の写真をかわいく撮る方法はあるけど…

黒猫の写真撮影って難しいですよね。

難しい理由は3つの理由をお伝えしました。

初心者でも上手に撮れる方法をプロに5つ教えてもらいましたが、やっぱり、プロに教わったとおりに撮影しようと思っても簡単にはできないですよね

それでも黒猫の写真をかわいく撮るためにいい方法はないかなと思って調べたので、かわいい黒猫の写真がほしい人の、共通の願いが叶う方法を紹介しました。

スキルを身につける間にも、時間はどんどん過ぎていきます。

愛猫との思い出は、きれいな形でたくさん残したいですね(*’▽’*)♪

プロフィール

コメント

タイトルとURLをコピーしました