PR

【黒猫】毛の根元が白い…ブラックスモーク/縞模様/ティップドカラーとは?

【黒猫】毛の根元が白い…ブラックスモーク/縞模様/ティップドカラーとは? 猫の毛に関すること
記事内に広告が含まれています。
ボクのママ
ボクのママ

うちの黒猫って表面は黒いのに、毛の根元が白いんだよね。

ブラッシングで取れた抜け毛を集めると、グレーっぽい毛玉になるの。なんで?

今回は、こんな疑問にお答えします。

本記事の内容
  • 黒猫は毛の根元が白い:ブラックスモークに変わる理由
  • 黒猫の毛の色が黒色→茶色くなることもある!?

結論からお伝えすると、本来の毛色(柄)が成長によって目立ってきただけ。

なぜなら、本来の毛色(柄)は親猫からの遺伝により決まっているので、根元が白い状態で生まれているんです。

しかし、子猫時代は白い部分が確認しずらく気づかないことが多い理由から、突然「えっ、うちの黒猫の根元の毛が白いんだけど!」と驚くのではないでしょうか。

特に、黒猫の毛先が黒く根元が白い柄のことを、「ブラックスモーク」と呼びます。

この記事では、黒猫の根元が白い:ブラックスモークについて解説します。

スポンサーリンク

黒猫:毛の根元が白い子がいる

表面の毛は黒いのに、地肌を見ると根元の毛だけ四分の1ほど白い黒猫がいます。

よくみると地肌にも縞模様が入っている猫も。

黒猫は猫全体の中でも少ない品種で、さらに毛の根元だけ白いとなると少なくなりますよね。

正式な統計や証明はされていませんが、かなりめずらしいようです

黒猫のお腹の白い毛:エンジェルマークの確率は?白が混じってる理由&性格も

    

スポンサーリンク

黒猫:毛の根元の色が変わることがある

黒猫の毛の根元の色の特徴は、以下の3つです。

  • ブラックスモーク
  • 縞模様
  • ティップドカラー

3つの特徴について、カンタンに解説します。

  

ブラックスモーク

直訳すると「黒のスモーク」になります。

ボクのママ
ボクのママ

ん?なんのことか、わかるように説明するね。

スモークとは、ソリッド(毛の色が1色)に近いカラーだけど、毛の根元だけ白くする色素抑制遺伝子インビット(I遺伝因子)を親猫から受け継ぐことで、毛色の根元だけ(約4分の1程度)白く着色した毛色のことです

したがって、「ブラックスモーク」は、黒色の毛の根元だけ白く着色した毛色ということになります。

かなりめずらしい毛色とのこと。

   

縞模様(タビー)

黒猫に現れる縞模様(タビー)は、別名【黒い虎猫】【ブラックスモークタビー】などと表現されることがあり、2つとも猫専用の言葉です。

縞模様(タビー)は、毛に縞模様をつける遺伝子タビー(T遺伝因子)が作用することで、縞柄の毛色を作り出しています

全部で4パターンの縞模様(タビー)と代表的な猫種は下記表をご覧ください。

  • クラシックタビー:アメリカン・ショートヘア
  • マッカレルタビー:スコティッシュ・フォールド
  • スポッテッドタビー:オシキャット
  • ティックドタビー:アビシニアン

   

ティップドカラー

ティップドカラーは、毛先だけ他の色で着色(ティッピング)された毛色のことで、黒猫の場合は、毛先だけ黒色ということです。

ブラックスモークと同様、かなりめずらしい毛色になります。

ボクのママ
ボクのママ

因みに、着色部分が3分の1程度だと「シェーデッド」、4分の1以下だと「チンチラ」というよ。

   

スポンサーリンク

なぜ黒猫は毛の根元が白い:ブラックスモークに変わるのか

子猫のときは気づかなかったのに、体が大きくなってきてブラッシングした時「あれ?毛の根元が白いんだけど」と、毛の色が変わると驚きますよね。

ボクのママ
ボクのママ

わたしも最初、気づいたときはびっくりしすぎて、数秒固まりました。

「いやいやいや、黒猫なのに」って。笑

しかし、突然変異したんじゃなくて、生まれた時から毛の根元が白い(=ブラックスモーク)状態で生まれてたんです。

黒猫の成長に合わせて、根元の白い部分が目立ってきたってこと。

猫の毛色や柄って、遺伝で決まるので親猫の遺伝子を引き継ぎます

したがって、親猫の毛色がブラックスモークだと、子猫も同じ毛色で生まれてくるんです。

   

毛の根元が白い:ブラックスモークの性格は

調べていくと、もちろん個体差がありますが、一般的な黒猫の性格とあまり変わらないようです。

魅了する性格は、黒猫の特徴的な性格です。

猫種がかわるわけじゃないし…そりゃ、そうですよね。

ボクのママ
ボクのママ

甘えん坊で人懐っこく、他の猫や人と争うことなく平和を愛する黒猫だね。

黒猫の性格ってきつい/よくしゃべる?オスは甘えん坊で人懐っこい子も多い!

   

黒猫の表面の毛の色が黒色→茶色くなることもある3つの原因

黒猫は毛先の色が黒だから、黒猫と判別できますよね。

しかし、本来黒猫だったにもかかわらず、茶色くなることがあるんです。

原因としては、以下の3つが考えられます。

  • 黒の色素を作るアミノ酸が不足
  • 日光浴による日焼け
  • 病気かも

3つの原因について、かんたんに解説します。

   

黒の色素を作るアミノ酸が不足

黒い毛が茶色くなるのは、黒い毛を作るメラニンの元になる「チロシン(アミノ酸の一種)」が不足したためと考えられます。

チロシン(アミノ酸の一種)があっても、メラニン物質を作るときに必要な「銅」が不足しているときも、同様に黒い毛が茶色くなるようです。

ボクのママ
ボクのママ

「チロシン」「銅」は動物性たんぱく質に多く含まれているから、お肉が含まれたフードを適量与えれば、不足することはないよ!

チロシンとは、

被毛および虹彩の色素となる。また、ドーパミン、ノルアドレナリンおよびアドレナリンの前駆物質にもなり、脳や生殖機能を正しく保つために使われる。

引用:犬と猫の栄養成分辞典

    

日光浴による日焼け

「え?人じゃあるまいし…笑」と思った人いるかもしれませんね。

でも実際、夏の日差しが強い時期に長時間日光浴をすると、毛の色が茶色くなることもあります

日焼けによる変色であれば、毛が生え変わると元の黒い毛が生えてくるので、それほど心配することもありません。

   

病気かも

甲状腺や腎臓・肝臓に疾患がみられると、毛色が茶色くなることがあります。

病気を発症すると毛色が変わるほか、水の過剰摂取や頻尿・食欲不振・下痢/嘔吐などの症状がでることも。

特に、水の過剰摂取や頻尿は慢性腎不全も考えられるなど、怖い病気が隠れているかもしれません。

1つでも症状の確認がとれたら、動物病院を受診しましょう。

    

まとめ:黒猫の毛の根元が白いのは…生まれつきだった!

黒猫の毛の根元が白いのは、突然変異ではなく、親猫からの遺伝によるもので生まれた瞬間

から白いです。

黒猫というと真っ黒な色をイメージしますが、実は毛の一部が白かったり縞模様があったり、種類があります。

生まれつきではなく、突然毛の色が変わってしまうことも。

この場合は次のような原因が考えられます。

  • 黒の色素を作るアミノ酸が不足
  • 日光浴による日焼け
  • 病気かも

猫の毛って、健康状態や生活環境でかわることがあるので、日々チェックしてあげましょう。

プロフィール

コメント

タイトルとURLをコピーしました