PR

黒猫が前を横切るときの意味/ジンクス@日本…なぜ不吉と言われるのか徹底解説!

黒猫が前を横切るときの意味/ジンクス@日本…なぜ不吉と言われるのか徹底解説! 黒猫
記事内に広告が含まれています。
ノアル
ノアル

黒猫って目の前を横切ったら不吉って聞いたことあるんだけど、本当?

でも、”黒猫は幸福を呼ぶ”って聞いたこともあるけど、どっちが正しいの??

今回は、こんなお悩みにお答えします。

本記事の内容
  • 黒猫が前を横切った時の意味
  • 黒猫が前を横切る以外の行動の意味について
  • 海外で”黒猫が横切る”ことの意味の解釈とは

黒猫と聞くと【厄除け】【商売繁盛】の言葉を連想する人も多いでしょう。

昔から黒猫を飼うと、病気が治ったり恋の傷が癒されたりと信じられ、重宝されていました。

しかし、「黒猫って特に夜会うと、不吉な感じがする」と思っている人もいるはず。

今回は、黒猫が前を横切ったとき、どんな意味があるのかについて解説します。

結論からお伝えすると、「チャンスを逃がしちゃだめ‼」ということで、成功までの幸せの一歩を踏み出そうぜってことです。

昔の迷信や海外の解釈も大事ですが、スピリチュアル的なよい解釈を知って、ポジティブな生活を送りましょう。

スポンサーリンク

黒猫が前を横切った時の意味は「チャンスを逃がしちゃだめ!」

黒猫が目の前を横切ったら、「チャンス到来‼」

チャンス到来って、なんのこっちゃって感じになりますよね…。

簡単に解説すると、”黒猫が目の前を横切ったら、成功のチャンスがすぐ近くにきてます”ってこと。

したがって、すぐに行動すれば、すばらしい世界が広がるかも!

なにか挑戦してみたいことがあればチャンスの時期ととらえ、行動してみましょう。

迷信じゃないかと言われそうですが、黒猫があなたに良いタイミングのきっかけをくれたのかもしれませんよ。

なぜ「黒猫は不吉」と言われるのか

日本民間信仰や迷信では、黒猫が前を横切ることは縁起が悪いとされ、悪い運や災害を運んでくると信じられていました。

「黒猫が悪い運を運んでくる」という考え方で、左から右に横切る場合はさらに厄が強いとされ、古代日本の時代からの民間信仰として広まったとのこと。

黒は昔より不吉な色とされており、そのため黒い動物が現れることは、何かが起こる前兆とされてきたんですね。

特に黒猫は、魔法や邪悪な力を持つと考えられたことから、さらに警告されました

ノアル
ノアル

中世ヨーロッパ時代の魔女狩りに関連して、黒猫は”魔女の使い”とされた過去も由来しているんだね。

中世ヨーロッパの魔女狩りのとき、黒猫というだけで迫害を受け処刑されるという残酷な歴史から「黒猫=悪い魔女に関係している」との思想だけが残ってしまったんでしょう。

歴史は変えられませんが、一人でも多くの人が真実を知っていただけるとうれしいです。

スポンサーリンク

黒猫が前を横切る以外の行動の意味を5つ紹介

黒猫が前を横切る以外の行動については、以下の5つ紹介します。

  • 黒猫が近づいてくる
  • 夜に黒猫を見た
  • 黒猫と目があった
  • 黒猫が一緒に並んで歩いてくれ
  • 黒猫が玄関先に現れた

5つの行動の意味について、解説します。

黒猫が近づいてくる

猫は警戒心が強くて知らない人には近づかないことも多く、飼い主さんにさえツンデレな態度をとるほど、人と距離を保とうとします。

猫の中でも、黒猫が自ら近づいてくるときは、あなたに幸運が訪れる前触れです。

夜に黒猫を見た

全身真っ黒な色でさらに、目を閉じると余計に夜の世界に溶け込んでしまいます。

夜道を歩いていて、猫が眼をあけたときはじめて黒猫の存在に気づき、ビックリした経験ありませんか?

びっくりして冷や汗をかいたりすると、何か不吉な予感がしてきそうです。

でも、夜の中で黒猫をみつけたら、”上手く立ち回り、勝負に勝てる”ことを意味します

スピリチュアルな観点からも、夜に黒猫をみることはとってもいい意味なんですって。

ノアル
ノアル

うちの黒猫も夜、庭に迷い込んだところを保護したので、すごく期待しました!

実際、私がどんな勝負ごとに勝ったのかわかりませんが、理想の生活スタイルを送れているところかもしれません

黒猫と目があった

黒猫と目があったとき、ドキッっとしますか?

「おお~、黒猫とめっちゃ目が合うんだけど💦」などなど。

ノアル
ノアル

私はうちの猫と目が合うと、投げキッスしてます!

毎回目を反らされますが…。笑

黒猫と目があったら、それは黒猫からあなたへのメッセージ

「今、きみは正しい道を歩けているよ。大丈夫、そのまま進み続けよう!」と教えてくれているんです

大好きな愛猫に背中を押してもらうと、自信つきませんか?

誰しも新しいことは未知の世界なので、自分のやってきたことが合っているのか不安になりがちです。

でも、愛猫と目が合ったら自分のやってきたことを信じましょう。

「そうかな~?本当に信じてきた道は間違っていなかったんだ。」と。

ノアル
ノアル

”黒猫が幸福を呼ぶ”と言われる理由の1つなのかもね。

黒猫が一緒に並んで歩いてくれた

道を歩いていたとき、黒猫があなたの歩く速度に合わせて一緒に並んで歩いてくれたら、近い将来あなたに素敵なことが起こる予兆です

足元まで寄ってこなくても、目が合わなくても、全く問題なし!

あなたの歩く速度に並行して歩いてくれたら、「キミに幸せが届く予定だよ」と教えてくれているんです。

何か思い当たることがありませんか?

仕事での成功・恋の成就・家族の幸せなど、一番最初に思いついたことがきっと黒猫が伝えたいことなのかもしれませんね。

黒猫が玄関先に現れた

黒猫が玄関先に…と聞くと「こわっ」っと思うかもしれません。

私も一瞬想像しましたが、きっと同じ黒のカラスとごちゃまぜになっているのかも?

ノアル
ノアル

たしかに、玄関先にカラスが落ちてると不吉だよね。

(同じ生き物を差別するのも、心苦しいけど。)

黒猫が玄関先に現れたときの意味として解釈されるのが、”現れた玄関先の家が長きに渡って繁栄する”といわれています

スポンサーリンク

海外で”黒猫が横切る”ことの意味の解釈@5カ国

異なる国や文化で黒猫が前を横切る現象に対する解釈は、大きく異なる場合があります。

日本とは異なる意味合いが存在する、以下の5つの国を例にあげます。

  • ヨーロッパ
  • イギリス
  • アメリカ
  • 中東・エジプト
  • ドイツ

5つの国による解釈について、カンタンに解説します。

ヨーロッパ

西洋の一部の文化ではまだ、黒猫は不吉な兆しとされることがあり、現代の西洋社会でもあまりポジティブには捉えられないことが多いです。

ノアル
ノアル

中世ヨーロッパ時代におきた「魔女狩り」が影響していると考えられます。

魔女の使いとして虐待され、処刑までされたという黒い歴史からも想像できますよね。

しかし、中世ヨーロッパの一部地域では、黒猫は縁起の良いシンボルと見られ、 黒猫を守護神として崇める拝文化も存在しました。

 「黒猫が道路を横切る」という表現があり、悪い運をもたらすという迷信と不安になることがありますが、全体的に日本ほど黒猫に強く否定的な意味を持たないことが多いです

イギリス

イギリスの一部の地域では、黒猫が前を横切ること=吉兆とされ、幸運の象徴として認識することがあります。

前を横切る他にも、お祝いに黒猫をプレゼントされた人は、幸せになると言われることも。

アメリカ

アメリカの一部の地域では、黒猫が前を横切ることは「13」と言われ、不吉な出来事がアメリカで起こるかもしれないという迷信が存在します。

ノアル
ノアル

「13」が不運な数字とされているからなの。

「13」という数字は、イエス・キリストが13日の金曜日に処刑されたからです。

そのため、「13」の「金曜日」は特に不吉な日といわれています。

アメリカで黒猫が前を横切る日にちが「13日」以外であれば、不吉でもなく全く問題なしです。

ノアル
ノアル

アメリカは、13日だけ気を付けていればOKってことだね。

ハロウィンのシンボルとしても、黒猫はイメージされることから、あまり神経質にこだわらなくてもいいかもしれません。

中東・エジプト

古代エジプトの時代において、猫が神聖視されていたことに由来し、黒い猫も特別な存在とされました。

そのため、黒猫が前を横切ることは”運命である”と信じられてきたんです

ドイツ

ドイツでは、黒猫が目の前を右から左へ横切ると不吉の予兆とされ、左から右へ横切ると吉報の前触れといわれています。

現在の日本には、民間信仰や迷信はほとんど残っていないので、横切る方向に意味をもちません。

しかし、ドイツの場合は目の前を横切る向きによって真逆の意味合いになってくるんです。

ノアル
ノアル

もともと、ドイツは黒猫にたいして不吉なイメージを持つ人が多いことが背景にあります。

日本人の中にも、信じている人は多いようです。

しかし、黒猫に右から左へ横切られてしまった場合、どうするか。

右から左へ横切られたときの、元凶を回避できるとされている方法が、なんとあります!

黒猫に右から左へ横切られた場合は、5歩下がって、再び前へ歩くと元凶から回避される…らしい。

「信じるか信じないかは、あなた次第っ!」

まとめ:黒猫が前を横切ったら、チャーンス‼…ポジティブ発想は大事だよ!

黒猫が目の前を横切ることは、「今すぐチャンスをつかみにいけ!」の合図でした。

黒猫は不吉だと言われてしまうには、中世ヨーロッパで実際におきた魔女狩りの影響と、日本の昔から根付いている民間信仰によるもの。

しかし、本当の意味とされているのは、全く逆説でした。

黒猫にまつわる他の行動として、以下の5つをご紹介します。

  • 黒猫が近づいてくる
  • 夜に黒猫を見た
  • 黒猫と目があった
  • 黒猫が一緒に並んで歩いてくれ
  • 黒猫が玄関先に現れた

1つの行動に、いろいろな意味があるんですね。

日本以外の海外では黒猫が目の前を横切ることについて、どう解釈しているのか。

代表的な以下5つの国について紹介します。

  • ヨーロッパ
  • イギリス
  • アメリカ
  • 中東・エジプト
  • ドイツ

国によって歴史や思想が違うので、いろいろな解釈が生まれたんですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました