PR

【黒猫感謝の日】8月17日になった由来とは?茶トラ猫/三毛猫/白猫の日も!

【黒猫感謝の日】8月17日になった由来とは?茶トラ猫/三毛猫/白猫の日も! 黒猫
記事内に広告が含まれています。
ノアル
ノアル

毎年8月17日は「黒猫感謝の日」として、SNSやネットで賑わってますよね。

でも、「黒猫感謝の日」って、どうやって決まったんだろう。

今回は、こんな疑問にお答えします。

本記事の内容
  • 黒猫感謝の日の由来/なぜ8月17日なのか
  • 世界中にある”黒猫の日”
  • 黒猫以外の”猫の日”について
プロフィール

黒猫好きなら常識問題かもしれませんが、8月17日が「黒猫感謝の日」って知ってましたか?」

なんで、”8月17日に黒猫感謝の日”なんだろうって思いますよね。

結論からお伝えすると、黒猫を愛した女性の命日に、黒猫の迷信を払拭する日として制定されたんです。

彼女の死を悼み、彼女の愛した全世界の黒猫が幸せにくらせるように願いを込めて

昔から、黒猫ってさまざまな迷信があり、不吉なイメージを持つ人もいらっしゃいます。

しかし、実際は「黒猫って福猫なんだよ!」ってことを知ってもらいたいとの思いもあったのではないでしょうか。

この記事では、「黒猫感謝の日」の由来や猫にまつわる記念日について、解説します。

スポンサーリンク

「黒猫感謝の日」の由来…8月17日は黒猫を愛した女性の命日だった

「黒猫感謝の日(Black Cat Appreciation Day)」の由来は、黒猫をとても愛したジューンさんという1人の女性が亡くなり、その兄がFacebookで「Black Cat Appreciation Day!!!!!!!!」というイベントページを作ったことがきっかけとのことです。

黒猫の迷信や”魔女の手下”など誤解したイメージを取り除くため、世界中の黒猫が幸せに暮らせるように、ジューンさんの命日である8月17日を黒猫感謝の日とされました。

8月17日「黒猫感謝の日」が制定されるまでの経緯

2011年8月17日にアメリカのウェイン・モリスさんが、妹ジューンさんの命日にFacebookで「黒猫感謝の日」として、イベントを行ったことがはじまりです。

ウェイン・モリスさんの妹であるジューンさんは黒猫が大好きで、自身もシンバッドという名の黒猫をとてもかわいがっていました。

しかしある日、シンバッドは虹の橋を渡ってしまいます。

愛猫と離れてから2ヶ月後の8月17日にジューンさんもまた、愛猫の後を追うように、33歳の若さで天国へ旅立ってしまいました

ノアル
ノアル

空の上で再会して、幸せに暮らしていることでしょう♪

数年たった2011年8月17日、ウェインさんは妹の死を悼み、シンバッドに対する妹の愛情を形に残そうと、Facebookで黒猫が愛されるようなイベントを行いました。

イベントページには、黒猫の写真をたくさん掲載し、宣伝になったそうです。

ウェインさんはこのイベントで、「世界中の黒猫とその家族の愛を象徴する日」「世界中のシェルターにいる黒猫たちすべてに、愛してくれる家族を見つける日」にしたいとの願いが込められています

黒猫が前を横切るときの意味/ジンクス@日本…なぜ不吉と言われるのか徹底解説!

毎年8月17日はSNSで「#黒猫感謝の日」黒猫の写真であふれる

ウェインさんがFacebookでたくさんの黒猫写真を投稿したことから、毎年ハッシュタグ”#BlackCatAppreciationDay”をつけて、たくさんのかわいい黒猫写真であふれています。

日本でもハッシュタグ”#黒猫感謝の日”が年々広がっているみたいです

8月17日に、黒猫を飼っている多くの日本人が投稿した、実際の投稿を3つご紹介します。

↑めっちゃかわいい。↑

↑これ、すごいね。↑

↑お目目、キュルルっ♪↑

スポンサーリンク

世界中にある”黒猫の日”2つとそれぞれの由来について

世界中にある”黒猫の日”は、以下の2つあります。

  • 全国黒猫の日(イギリス):10月27日
  • 黒猫の日(イタリア):11月17日

2つの”黒猫の日”について、カンタンに解説します。

全国黒猫の日(イギリス):10月27日

「全黒猫の日(National Black Cat Day)※」は、イギリスの動物愛護団体”Cat Protection”が2011年、黒猫の里親探しを推進するために制定しました。

※「全英黒猫の日(National Black Cat Day)」ともいいます。

10月27日になったのは、ハロウィン(10月31日)に関係しているとのこと。

制定された背景には、黒猫が過去に魔女狩りに関係したり迷信による不吉なイメージだったりして、里親がみつかりにくいためです。

また、”写真映えしない”という理由で、好まれないことも理由の1つ。

ノアル
ノアル

写真映えしないというより、黒猫の写真をきれいに撮るのが難しいんだよね。

ある程度のカメラスキルがないと、ぼやけちゃう。

私も苦労した黒猫の写真撮影について↓↓

黒猫の写真撮影が難しい…写真アプリを使ってスマホ撮影した画像はかわいく映せる?

黒猫の日(イタリア):11月17日

イタリアの”黒猫の日”(Gatto Nero Day)は、2007年にイタリアの動物愛護団体「AIDAA」によって制定しました。

制定するに至った経緯は、毎年10月のハロウィン前後に黒猫の迷信を信じるイタリア人からの虐待をうけ、多くの黒猫が命を落としたそうです。

そこでイタリアの動物愛護団体「AIDAA」がチラシを配ったり、嘆願書を集めたりする活動が全国に知られるようになり、イタリアの黒猫の日として世界中に認知されました

ノアル
ノアル

2015年以降は、イタリアのメディアも巻き込んだ大々的なイベントになっているそうだよ。

ではなぜ11月17日なのか?

この答えは、2つの考えが合わさった日だったのです。

まず、「17」という数字、イタリアではアンラッキーナンバーとされています。

黒猫が過去、虐待をされてきたことを忘れないように、アンラッキーナンバーにすることでしっかり覚えてもらえるように、との願いが込められているんです

「11月」は、特に黒猫の虐待件数が多くなったハロウィン前後の次の月で決まったそう

ノアル
ノアル

現在では、黒猫を虐待する人を取り締まるため、パトロールを強化することもあるんだって!

虐待をする人は、もはや犯罪者として取り締まるらしいよ。

【参考】9月6日は語呂合わせで「黒の日」なんだって

今回、黒猫の日にまつわることを調べていくうちに、9月6日が黒…って書いてあるのをみつけて「ここにも、黒猫かーー(ワクワク)」と思ってよくみると、違った。

9(ク)月6(ロク)日=ク ロ(ク)とのこと

「黒猫の日がたくさんあっても、いいじゃないか。」というわけで、9月6日もご紹介しました。

スポンサーリンク

”猫の日”は黒猫だけじゃなかった!

黒猫以外にも、実は”猫の日”って存在します!

  • 茶トラ猫感謝の日
  • 三毛猫の日
  • 白猫の日

茶トラ猫感謝の日:9月1日

茶トラ猫感謝の日(Ginger Cat Appreciation Day)は、アメリカのクリス・ロイさんが制定しました。

クリスさんが1997年に家の近くで野良猫を保護したことから始まります。

野良猫に”ドゥーバート”と名前を付け、一緒にくらしましたが、17年後の2014年に虹の橋を渡ってしまいました。

愛猫の死をきっかけにソフトウェアエンジニアである彼は、動物保護マッチングアプリを開発、功績が認められて9月1日を茶トラ猫感謝の日と制定されたんだそうです

ノアル
ノアル

クリスさんが保護した猫が、茶トラ猫だったんです。

三毛猫の日:3月25日

三毛猫の日は、猫グッズを販売している”aoneco”が制定したようです。

経緯については、わかりませんでした。

白猫の日:4月6日

白猫の日は”4(シ)月6(ロ)日”の語呂合わせで制定されたようです。

黒猫感謝の日と同様、日本でも4月6日にはSNS上でハッシュタグ#白猫の日として、毎年多くの白猫の写真が投稿されています。

まとめ:黒猫感謝の日の由来は、1人の女性とその愛猫の絆の証だった

黒猫感謝の日は、妹を失った兄が妹とその愛猫の絆を形に残そうとして行ったイベントが始まりでした。

黒猫は特に悲しい歴史から迷信を信じる人も多く、黒猫を愛してくれる家族がみつかりにくいことを不憫に思った男性が、全世界の猫が幸せにくらせるようにと願いを込められています

アメリカから始まり、イギリスやイタリアなど世界中に広がりました。

黒猫を飼っている私にとっても、すごくうれしい!

黒猫が愛嬌のあるかわいい猫であることを、1人でも多くの人に知ってもらえるとうれしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました